埼玉県にある中古車販売店キングスオート。無事故車を乗り出し価格表示でご提供致します。
0480-48-5595
  • 営業時間:10:00~19:00
  • 定休日:月曜日

ワックスの正しいかけ方講座

2015.04.14

たかがワックス。 されどワックス。


皆さんのワックスがけを見ていると、間違ったワックスのかけ方をしている人って意外と多いようです。 


なのでそこで、簡単にではありますが~
ワタクシ仕入れ担当安藤から今回はワックスの正しいかけ方を少しばかり・・・

先ずはワックスがけの基本中の基本。

ワックスの塗布方法。


皆さんは、どんな感じでワックスを塗りこんでいますか~?

細かく上下、細かく左右、円を描くように・・・ 

など、ワックスのかけ方も十人十色。 

しかし、、、 

これらいずれのワックスがけの方法も、間違ってますので予め。

で、その正しいワックスのかけ方とは・・・


とにかく一方行にワックスを塗る。 です。


これは、ワックスの塗布段階で、ボディ上に乗っかっているチリやホコリと一緒にワックスをかけないように、

またチリやホコリと一緒にワックスを塗ってしまっても、キズを最小限に抑えられる塗り方なんです。


細かくゴシゴシに塗りこんでいる方! 

円を描くように塗りこんでいる方! 

その塗り方だと、必要以上にキズが入ってしまう可能性 「大」です。 

気をつけましょう ^^


それと・・・ 

ワックスをボディ全体へ一気にかけている方、

また成分の浸透を狙ってなのかどうかまでは分かりませんが、ワックスを塗ったまま数時間放置されている方! 
これもやめておきましょう。


ワックスは、乾く一歩手前でふき取るのが基本中の基本。

乾いてしまったワックスはふき取り難く、また時間経過とともに砂やホコリも乗っかってしまっているので、
砂やホコリを巻き込みながらふき取っているような物。



フェンダーならフェンダー一枚、ドアならドア一枚・・・ という感じで、部分的にワックスを塗ってはふき取り、ワックスを塗ってはふき取り・・・ という手順で、ワックスがけして下さいね~ ^^

以上、色々と各ご参考までに。